青木病院

精神科、児童精神科、老年精神科、
心療内科、内科、小児心療科
サポート施設

恵愛センター

恵愛センターは、精神障がい者の方のための就労支援施設です。一般就労を目指し就労に向けた支援を実施する「就労移行支援」サービスと、就労機会を図り主に施設内での生産活動を行う「就労継続支援[B型]」サービスを提供しています。利用者一人ひとりの方と向き合い、作業を通じてそれぞれの方が持つ力を助長させ、生きがいややりがいをもって生活(就労)してゆけるように支援します。

就労移行支援サービス

【目的】
企業等への就労を希望する65歳未満の精神障がい者の方に、就労に必要な知識や能力を習得していただき、職場実習等を通じて適性にあった職場への就労を目指し、かつ定着のための支援等を行います。

【定員】6名

【利用期間】利用者ごとに標準期間2年以内で利用期間を決定

【スケジュール】

  • 通所前期(基礎訓練期)~6ヵ月間
    製造・事務等の一般知識習得、集中力や持続力、協調性を養います
  • 通所中期(実践的訓練期)~6ヵ月間
    職場での技能、マナー、挨拶、言葉遣い、身なり等を習得します
  • 通所後期(マッチング期)~12ヵ月間
    就業期間の確立、作業時等の不測な事態への対応力向上を目指します
  • 訪問期(フォロー期)就職後における継続支援を行います

※3ヵ月に1回モニタリングを行います

就労継続支援[B型]サービス

【目的】

就労移行支援を利用したが企業等の雇用に結びつかない方や、一定年齢(50歳)に達している方が、生産活動に参加することで知識及び能力の向上や維持ができるよう、就労機会を提供して支援を行います。

【定員】30名

【利用期間】制限なし(サービス受給期間の見直しあり)

※6ヵ月に1回モニタリングを行います

作業種目

【移行支援】耳栓袋詰め、ストーブ部品の袋詰め 等
【継続B型】ボールペン組み立て作業、ハンガーリサイクル作業、ストーブ配管の検品・部品付け 等

1日のスケジュール(移行支援、継続B型共通)

9:00~  作業        14:30~ 休憩

10:30~ 休憩        14:45~ 作業

10:45~ 作業        15:40~ 清掃

12:00~ 昼食・休憩     16:00  終了

13:00~ 作業

週・月の予定

【レクリエーション】 季節の行事や食事会を行ったりします。
【ミーティング】   定期的に時間を設け、レクの予定を決めたり、センターで必要なことを話し合ったりします。

利用案内

① 利用料金

*障害福祉サービス自己負担額・・・サービス料金の1割負担
ただし、「障害福祉サービス受給者証」に記載されている負担上限額が1月の負担の上限額となりますので、記載されている金額以上のご負担はありません。
*センター利用料(水光熱費、日用品費等)・・・1日150円
*レクリエーションでのお弁当等の実費相当分

② 利用手続き

各市町村の障害福祉担当課が利用申請の窓口となりますが、利用を検討されている場合には、まずは当施設までお問い合わせください。また、見学も随時行っておりますので、お気軽にご連絡ください。
恵愛センター 0284-43-2182

③ 送迎サービス

自力で通勤できない方のために、送迎を行っております。実施地域は足利市内、送迎サービスに係る費用は無料です。

工賃について

就労移行支援、就労継続支援(B型)を問わず、センター内での作業従事に対しては月締めで工賃を支給します。作業全体で得た収益から作業で生じる必要経費を差し引いた額を工賃の対象とし、勤務状況に応じて工賃を支給します(月末締め、翌月20日支払い)。

施設情報

住所:〒326-0808 足利市本城1丁目4128番地
電話番号:0284-43-2182
住所(B型作業場分場):〒326-0066 足利市田所町1101番地1
電話番号(B型作業場分場):0284-64-9638
営業日及び営業時間:月曜日から土曜日 午前9時から午後4時まで
但し、国民の休日及び12月31日から1月3日までを除きます
障害者総合支援法サービス区分:就労移行支援、就労継続支援(B型)
スタッフ:管理者兼サービス管理責任者1名、就労支援員1名、職業指導員3名、生活支援員2名

沿革

平成4年4月 精神保健福祉法の精神障害者授産施設として開設
平成18年10月 障害者自立支援法の就労移行支援・就労継続支援(B型)へ移行