青木病院

精神科、児童精神科、老年精神科、
心療内科、内科、小児心療科
スタッフブログ

スタッフブログ 【心理室】

  DPP終了と次回の予定  (投稿日:2022年11月16日 )

段々と朝夕冷え込むようになりました。朝方は霧も出るようになってきたので、車の運転をされる方はくれぐれもお気をつけください。

 

すこし時間が空いてしまいましたが、DPP第25クールが先月末で終了となりました。

参加された皆様、大変お疲れ様でした。

DPPは認知行動療法に基づいて、自分の『考え方の癖(認知)』を振り返るグループ・プログラムです。

参加された方々は境遇こそ違えど、『考え方の癖』やその根っこの部分は不思議と共通している点がありました。

今回のDPPはこのような点について、批判ではない率直な意見交換ができ、グループ・プログラムの良さが表れていたと思います。

参加された皆さんに、感謝申し上げます。

 

次のDPP(第26クール)は、来年初春の開催を予定しています。過去に参加された方の再参加も可能です。

直近の第25クールに参加された方は、今後の第27クール以降であれば参加できます。

次のDPPは開催日程が決まり次第、院内ポスター、スタッフブログでお知らせします。

  この秋はよく晴れるか  (投稿日:2022年10月19日 )

10月も半ばを過ぎました。

暑かった残暑が数回の台風の近づきと共に終わった

・・・と思ったときにはもう、朝晩には秋の深まりを感じます。

 

COVID-19の感染拡大の問題(&対策の大変さ)、

大雨による各地の災害、

難しい状況の日本経済、

終わらない戦争・・・

国内外を見渡せば、なかなかすっきり明るくとはいかないことが多いように思います。

 

せめておだやかな秋晴れが少しでも長く続くことを、

感染症の問題が比較的静まっている期間が少しでも長く続くことを願います。

この秋には、すっきり明るい「秋晴れ」の日がたくさんありますように。

 

治療のことも生活のことも、

みなさんの日々のがんばりや積み重ねてきたものが、たくさん実りますように。

  どこがちがう? 「DPP」と「集団精神療法」  (投稿日:2022年8月5日 )

青木病院の2つの(外来)心理グループ、「DPP」と「集団精神療法」。

現在、初めての同時期開催で、2つとも募集と案内をしております。

今回は、よく質問される、二つのグループの共通点・相違点について簡単にお伝えします。

 

まず日程のこと。

「DPP」は毎週木曜日10:00~11:30 開始は9/1(木)

一方「集団精神療法」は毎週土曜日 14:00~15:30 開始は9/3(土)

回数も、「DPP」8回、「集団精神療法」(4か月程度)、と異なります。

 

内容について。

「DPP」は、認知行動療法の考えをつかって自分の考え方のクセを知り、修正をねらうもの。スライドを見たり、ワークをやったりと、学習寄りのグループワークです。

「集団精神療法」は、広く自分の考えや気持ちに目を向けること(洞察)、対人関係の練習をねらうもの。完全なフリートークスタイルです。

 

特徴と売りにしていること。

「DPP」は、グループのねらいが分かりやすい。論理的に考えることが好きな人、具体的な考え方を学んで身につけたいにおススメ。

「集団精神療法」は、そこで起こるやりとりや情緒に焦点を当てる。ゆっくりじっくりが合っている人におススメ。

 

どちらも保険がききます。どちらも事前に面談があります。

どちらもまだ空きがあります!

気になる方はぜひ、主治医かお近くのスタッフにお声かけください!

 

  認知行動療法グループ(DPP)第25クールのご案内  (投稿日:2022年7月22日 )

今年の夏は、とても暑い日が続いたかと思えば、急に強い雨が降るなど、天気の変化が大きくなっています。新型コロナウイルスだけではなく、熱中症や災害などにもご注意ください。

 

夏本番となり、やりたいことがある一方で様々な要因で思うように実行することが難しい方もいると思います。やりたいことや楽しみも、多すぎると焦りにつながってしまいます。自分に無理のない、「ほどほど」を心がけてみましょう。

 

DPP開催日程が決定しました。

第25クールのDPP(うつ病再発予防プログラム)の開催日程が決定しました。 青木病院では、定期的にうつ病再発予防を目的としたグループを開催しています。今回で25回目の開催です。「うつ病」と診断された方でなくとも、主治医の指示があれば参加できます。

 

DPPでは、認知行動療法を取り入れています。 私たちは、さまざまな「考え方のクセ(認知)」を持ってます。知らないうちにこれらのクセが、自分をつらい状況に追いやっているかもしれません。認知行動療法では、簡単な宿題などに取り組みながら「考え方のクセ」を振り返っていきます。 このDPPを通して、みなさんが生活の中で感じているつらさや困難さが少しでも軽くなって頂ければと思っています。

 

※ DPPはグループ療法です。グループ内で話された内容は秘密となり、口外されません。

参加までの流れ

DPPは当院で診療を受けている方に限りご案内しています。 参加を希望される場合は、当院医師またはスタッフまでお申し出ください。 グループ開始までに担当スタッフとの事前面談をして頂きます。説明を聞くだけでもOKです! 参加を希望されても 医師の判断や治療の状況などによっては、DPPに参加できない場合があります。ご了承ください。

 

料金について

DPPは医療保険が適用となります。詳しくは、医師またはスタッフまでお問い合わせください。

 

開催日程

こちらの表をご参照ください。

第25クールの日程(2022年9月1日開始)

※10月13日(木) DPPはお休みです。当院での外来診療等は平常どおり行っています。

 

参加にあたっての注意事項

  • 参加には主治医の指示が必要です。診察にて希望をお伝え下さい。
  • 過去に参加された方も再度参加可能ですが、1クール(1開催期間)あけて参加して頂きます。前回(本年5月開始の第24クール)を参加された方は、今回のDPPに参加できません。それ以前(第24クールより前)に参加された方で再度参加を希望される方は、主治医にお伝えください。
  • DPPは、ひと続きのプログラムとなっています。多く欠席されると内容の理解が難しくなります。連続で参加可能かについてもご検討ください。
  集団精神療法 第11クールの日程が決まりました!  (投稿日:2022年7月16日 )

梅雨にもどってしまったような天気が続きます。

猛暑がやわらぐのはありがたいですし、

全国あちこちで言われていた水不足も解消されそうなので、

良い面もありますが、

やはり調子がくずれますね。

今週、セミが鳴き始めたと思ったのですが、

また静かになったような・・・

 

さてそんななかですが、

青木病院心理室では、集団精神療法の第11クールの日程が決まりました!

9月3日(土)開始! (毎週土曜、4か月)

詳細はまたご案内しますが、すでに募集は開始しているので、

関心をもたれた方は主治医やお近くのスタッフにお声掛けください。

 

また今回は同時期に、

DPP(うつの再発予防プログラム、認知行動療法グループ)も開催される予定です!

こちらも、後日ご案内します。

 

 

 

   次ページへ »